FC2ブログ


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ホタル ビューポイント」の紹介

今年もホタルの季節になりました。
伊予市中山町佐礼谷地区でホタルが舞い始めています。
ドライブがてら出かけてみてはいかがでしょうか?
美しいホタルのビューポイントをご紹介します。

私は6/3金曜日に見に行きましたが、多くのホタルが飛んでいました。
ただ、ホタルはとてもデリケートな生き物で、風が吹いていても
雨が降っていても、月明かりが明るすぎても見ることができません。

今週の天気予報では、6/6(月)、6/8(水)、6/9(木)、6/10(金)、
6/12(日)あたりがいいと思います。
ちなみに、ホタルが光るのは、子供の頃は「警戒行動」、
成虫になると「求愛行動」らしいです。

佐礼谷地区では、山に挟まれた谷川で、
たくさんのホタルが待って(舞って)います。
幻想的なシーンを、是非ご体感下さい。

EDA会員/鳳英設計 武智未晃(mail:office-houei@ivy.ocn.ne.jp


住民自治されだに
http://saredani.net/blog/


hotaru1hotaru2
hotaru3






スポンサーサイト

第31回 砥部町文化会館友の会講座
「砥部焼とデザイン」開催

【第1部】講演「砥部焼とデザインー戦後、砥部焼はどう再生したかー」
      講師:大野千佳
【第2部】シンポジウム「砥部焼のこれから 産地 砥部を考える」
      パネリスト:安岡史朗・佐藤裕見・山内敏功・大野千佳
      コーディネーター:烏谷照雄(砥部町文化会館館長)

日時:平成23年6月25日(土)
   14:00~16:00
場所:砥部町文化会館 3階 視聴覚室
   伊予郡砥部町宮内1410
   http://www.tobebunka.com/
参加費:500円(お茶菓子付)

主催:砥部町文化会館友の会、共催:エヒメデザイン協会


エヒメデザイン協会共催の「砥部焼とデザイン」が開催されます。
やや厚手の白磁に素朴な呉須の文様という、あの独特のデザインはどこから生まれたのか。
元陶工へのインタビューから昭和のデザイン再生の足取りをたどる講演と、ゲストに銀座松屋砥部焼展プロデューサーの佐藤裕見さんを迎えて、産地としての砥部焼のこれからを考えるシンポジウムとの二部構成で開催します。
ぜひご参加ください。

■参加申込方法
砥部町文化会館までお電話でお申し込みください。
tel.089-962-7000(代表)
※受付時間 9:00~17:00

砥部チラシ表砥部チラシ裏




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 エヒメデザイン協会ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。