FC2ブログ


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男鹿和雄氏の「ウミガメと少年」展が以下の日程で開催されています。

■日時  6月12日(木)~22日(日) 10:00~18:30(最終日は18:00まで)
■会場 紀伊國屋画廊(新宿本店4F)
■料金 入場無料
■お問合せ 紀伊國屋画廊 03-3354-7401(10:00~18:30)

ちょうど仕事の都合で会場に行く機会に恵まれましたので会場の模様を少し掲載してみます。
どなたかが書いていた感想の中の「沖縄戦の事実が男鹿さんの絵に救われている」という一文が印象的でした。
絵によって戦争の悲惨さをあらためて考えさせられるいい機会になったのではないでしょうか。

きれいな絵だ・・・という一言では語り切れない物があったと感じました。

作品は、

ウミガメと少年(22点)

広島より(7点)

長崎より(7点)

の内容。

新宿という場所柄、一歩外に出た雰囲気とは全く一線を画した別世界の雰囲気を醸し出していました。

001.jpg

002.jpg

004.jpg

005.jpg

男鹿和雄展 公式ブログより
『ウミガメと少年』は、太平洋戦争末期の沖縄を舞台にした物語(童話)です。
原作は、『火垂るの墓』などでおなじみの野坂昭如。
2001年に発表されたこの物語を、女優の吉永小百合が
「第二楽章」シリーズのひとつとして朗読をし
2006年には、それがCDになりました(「第二楽章 沖縄から『ウミガメと少年』」)。そのCDには、吉永小百合とともに、「第二楽章」シリーズを描き続けてきた
男鹿和雄の絵が添えられています。
そして2008年。
男鹿和雄が新たに描き下ろした数十点の絵をもとに、『ウミガメと少年』の物語が
装いも新たに一冊の本になりました。
物語のすべてを英語に訳した英訳版も収録しての発売です。
日本はもちろん、世界中の人に読んでもらいたい物語です。


スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 エヒメデザイン協会ブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。